ここまで来ると、あとお線香を絶やさなく見ているくらいでしょうか?

3時間位持つお線香や、渦巻きタイプ(7~8時間)もあるので、

わりと夜は寝られます。。。

基本、毎日ドライアイスの入れ替えに来ます。


後は、お通夜当日。

お昼頃迎えに来ます。

家族は4時頃来てくださいと。。。


今は、「葬儀委員長」は、余り立てないそうです。

そういえば、お通夜って、「喪主」 と、「奥さん」 と、「両親のどちらか」 3人ですよね。

うちの場合は、友達が、行きつけの 「クリニック」の先生で、

「ゴルフ仲間」で、「呑み友達」で、病院を紹介していただいたりしていたので

お願いしました。 

「弔辞」 は、しませんでした。 泣きたくないので(笑)

斎場では落ち着きませんが、「受付」 と 、「駐車場係」 のみんなに

「心付」 これも葬儀屋さんが教えてくれました。

後は、入り口にて早く来て下さった方々にご挨拶。。。

葬儀屋さんの案内で、「ご住職」(何と呼んで良いか分からない?)

ご挨拶。  (お布施とお車代)を、渡す。

後は、始まって、挨拶? 会釈? です。

お通夜が終わり、親族とお清め。。。



が!  常識に捕らわれず? 

そのくらいの方が「いいんだけど」 襖一枚隣で!!!

弊社、若い衆が飲んだくれていて(新年会?) 

お通夜に、「ビールラッパ呑み」 !!!

「2時まで盛り上がった!!」 とか

「お香典知らなかった」   とか

「お父さんの礼服で来た」  とか

「食えない物食って蕁麻疹の薬買いに行った」 とか

「礼服のサイドベンツ、糸付いたまま」 とか


普通の方が見たら、「鳥新」 「変」 と、

思うかもしれません光景でした。。。